スピーディなゲームは盤石な守備から生まれた

 1時間16分というスピーディなゲームになった関東決戦。東海大甲府が3対0で初出場の成立学園に勝利し、3回戦進出を果たした。スピーディな試合展開になったのは東海大甲府のエース神原 友のテンポの良い投球、球際の強い東海大甲府の守備陣が安定した守りを見せて、スピーディな試合展開を生んだといえる。

 神原は徐々にスパートがかかり、常時140キロ前後・最速146キロのストレートにスライダー、縦に鋭く落ちるスライダーのコンビネーションは圧巻で、まさにドラフト候補に相応しいパフォーマンスだった。

 成立学園の先発は谷岡 竜平。粘り強い戦いを見せてきた成立学園の象徴とも呼べる投手。ワインドアップから始動し、フィニッシュまで引っかかりがない綺麗な投球フォーム。速球は140キロ前後を計測し、スライダー、カーブ、フォークを投げ分け、トータルバランスの高い投手だが、ストレートは打者を押し込むほどの球威はなく、捉えられる事が多い。粘り強く投げる事が出来ていたが、4回裏、二死一、三塁から相原 洸介(3年)が高めのストレートを押し込んで右中間を破る三塁打で2点を先制。さらに6回裏に一死一、二塁から相原のタイムリーで1点を追加し、3対0。

 この3点目が大きかったのか。成立学園打線は淡泊な打撃が目立った。神原は終盤になっても140キロ台を計時し、安定したマウンド捌きで88球4安打完封勝利。神原の投球も素晴らしかったが、それ以上に素晴らしかった東海大甲府の二遊間の守備だ。セカンド・新海亮人(3年)、ショート・渡邉 諒(2年)の広い守備範囲、球際の強い守備が光った。特に9回表、先頭・三好 智泰(3年)が放ったセンターへ抜けそうな打球をシングルハンドで捕球し、そのままスロー。見事なファインプレーであった。しかも三好の一塁駆け抜けは4.03。如何に彼の守備範囲が広く、捕球してから送球するまでの動きが速いことが伺えるだろう。